Dignity 2.0 国際カンファレンス

代表あいさつ



皆さま、この時代をどのような時代とお考えでしょうか。

私は、時代に対する明確な診断と、的確な処方、そして効果的な薬を皆さまとともに共有し、勇気をもって新しい時代づくりに臨んで参りたいと想い、今日に至っています
科学技術の進化発展により、人類は大きな恩恵を受けた一方で、人間代行者AIを生み出そうとしています。多くの肉体労働、知的労働の代替として進化発展し続けるAI。人間の仕事がA Iに取って代わられていくことで、私達は人間の存在意義を問われているように感じます。
人間の尊厳とは一体何なのでしょう。そんな問いを突きつけられているAI時代は、「心の時代」の到来であると言わざるを得ません。
私たちは、Dignity2.0国際カンファレンスの構想として、「SNS3.0」と題したAI時代における関係モデル創りを推進していきます。

それは、「“尊厳-Dignity”を生かした関係性」と「”SNS”というネット空間」との新しいつながり方を構築することであり、
このようにして日本発のコミュニティモデル、コミュニティプラットフォームを提案していきたいと思っています。
皆さまからのご意見を頂きながら、共に新しい時代を創っていけますことを祈念しております。

令和元年10月13日

一般財団法人
令和教育財団 理事長

一般社団法人
マインドームコーチ協会 代表理事
n Clinic 院長

岩田 千佳 Chika Iwata