2024年度 仙台共同委員会メンバーが決定

DATE

6月 10日, 2024年

CATEGORIES

私たちは、2024年に仙台で開催されるDignity2.0国際カンファレンスの成功に向けて、Dignity Connectionのコミュニティ内から5名の共同代表を任命することを喜んでお知らせいたします。

共同代表に任命されたのは、以下の5名です。

それぞれの代表者は、Dignity Connectionの中でも過去卓越したリーダーシップを発揮し、コミュニティの発展に多大な貢献をしてきました。彼らの豊かな経験と情熱が結集することで、仙台でのカンファレンスが一層盛り上がることを確信しています。

2024年度開催地である仙台は、美しい自然と豊かな文化に恵まれた都市です。カンファレンスを通じて、参加者の皆さんがプログラムを存分に楽しみ、交流を深めることができるよう、様々なプログラムを計画しております。

仙台の精神性や歴史背景を重んじて、Dignity2.0の理念を広めるべく、以下のような活動を展開していく予定です。

  • 地域連携イベントの企画
  • カンファレンスの開催地プログラム作成
  • 国際的なゲストとの交流促進
  • 参加者へのホスピタリティ提供

皆さまには、これからも温かいご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げます。
共同代表5名のリーダーシップのもと、仙台でのカンファレンスが大成功を収めることを期待しています。

Mari Yasuda
Mari Yasuda安田 真理
 元、脳卒中専門の理学療法士(大学院修士課程卒)、家庭環境及び人間関係の限界や他人軸で生きることでの人生の絶望を感じ「このまま周りに求められる生き方でいいのか?」「私にしかできない生き方はこの程度なのか?」「そもそも生きるとは何なのか?」等の疑問を持ち、心理カウンセラーとなった。しかし、根本的解決策は見つからず、その後も真理を追究する中で、シン教育・nTech(認識技術)と出会う。【人間と人間の宇宙は実在しない】【宇宙が無いところからどのように有るかのようになっているかの仕組み】が明確にわかり、第2の誕生を果たし生まれ変わる。​

現在は、生き方プロデューサー・BESTBEING セラピストとして他人から求められる70%の生き方ではなく、無条件100%歓喜の生き方・人間関係の秘訣をLife is Cinema programを開発し発信中。あなたらしい生き方を共に創造し生まれ変わり(第2の誕生)をしましょう。​

Message

仙人が住むような理想の高台を夢見た、伊達政宗公が天下泰平の世を目指し名付けた【仙台】から、心豊かで笑顔に溢れた人々が集まる地域を皆様と目指して参りたいと思っています。  2024/11/2-4は、Dignity 2.0国際カンファレンスin仙台にてお待ちしております。AIには真似できない、人間がワクワク歓喜する心の教育・仕事を皆様に共有させて頂きます。これからの時代を共に創造していきましょう。

Mikari Shiota
Mikari Shiota塩田 みかり
【ふらっとフラットに宇宙の融合を起こす哲学コミュニティ】主宰

東洋大学哲学科卒。
「自分は何をするために生まれてきたのか?」と幼少期からの疑問を払拭したく、大学で哲学を専攻するも、あまりの難解さに追及を断念する。その後、途上国でのNPO活動や社会活動に取り組むも、社会問題の複雑さと根深さに絶望する。さらに、信頼していた仲間の自殺により、人や社会との向き合い方を模索するようになる。再び哲学的問いを深めるなかで令和哲学と出会う。あらゆる問題の根本原因には言語の問題があることが分かり、心言語を開発した令和哲学を基とする尊厳軸の生き方を案内している。

30代女子からひそかに人気を集めている「さとりうさぎ」の生みの親。

Message

人類はかねてより争いの歴史を紡いでいます。なぜ人は争うのか、なぜ人を思い合い愛することがこんなにも難しいのか。私たち人類は原因も分からないまま模索しています。 AIも台頭し人間の尊厳が危ぶまれているこの時代の転換期に、人間には新しい哲学が必要です。 心言語を活用し真理の刀をふるう尊厳共同体が、地元東北の中心地である仙台に根付いていくことが楽しみです。人間の尊厳が棄損され続けているこれまでの涙の歴史に終止符を打って、人と人が心でつながり合える尊厳共同体を共につくっていきましょう。

Nori Akiba
Nori Akiba秋葉 のり
宮城県大崎市出身の母(96才)を持ち、幼い頃から帰省の度に、親戚の人たちや仙台の大自然と接し、その堅実さや誠実さ、優しさに触れながら成長。

また自身の生まれ育った環境により、幼ない頃から死生観を探究。
そこから人間の思考感情や認識行動に強い興味関心を持つ。
人間の心や行動心理の追求からマーケティングの仕事やスピリチュアル業界に身を置き、心について更に探究を深める。

多様な課題や問題など、人間の限界の突破口であるnTech(認識技術)と出会い、人間の可能性や今ここ歓喜感動で生きられる仕組みに確信を持つ。

現在nTechを活用し、変化のきっかけや観点に気づかせる個人セッション5000人の実績を持ち、現実と心を繋ぐスペシャリストとして活躍、人間の本質的変化の道を精力的に案内。
カラーセラピスト(色彩心理)の経歴も持つ。

今回、Digniy2.0国際カンファレンスの共同代表として母の故郷・仙台の地と未来を結ぶ懸け橋となるため、東京から初めて飛び出し仙台に移住。

Message

2011年3月11日、家族や親戚、友人知人に連絡が繋がらない不安な日々を過ごされた方々もたくさんおられたと思います。私もそうでした。 東日本大震災で犠牲となられた方々の鎮魂と復興の願いから、東北6県が団結し、開催されている【東北絆まつり】を実際に観て、日本の力強さ、生命の息吹を感じ胸が熱くなりました。 世界に目を向ければ、2024年になった現在でも争いは絶えず、己の正義を主張し合うだけでは、一向に観点の融合は起きません。 無為の心を持つ日本、特に幾度となく自然と対峙し大きな痛みを持ちながら、その度に立ち上がってきた強い日本、そしてこの仙台の地で、互いの尊厳を大事にし合い、思いやれる心を土台にした世界基軸教育の提唱と、Digniy2.0国際カンファレンスを開催できる喜び。 地球市民の1員として、沢山の方々と分かち合いができたら幸いです。あなたの大事な方と、ぜひご参加ください。

Tomomi Abe
Tomomi Abe阿部 智美
祖母の死をきっかけに、生きることとは?死ぬこととは?人間とは何か?この世界で戦争はなぜ終わらないのか?戦争なしで世界中の人と友だちになるには?を追求するなかで世界基軸教育に出会う。
知るだけで個性完成し、歓喜の生き方でBEST BEING共同体へ向かうVisionに深く共鳴・共振。
純粋な心でまっすぐ人との出会いを楽しみ、誰もが不安なし恐怖なしで生きる、戦争なし今ここ歓喜の生き方ができるBEST BEINGの生き方を実践しながらcheerleaderとしての経歴も活かし、誰もが唯一無二の主人公であることをバックアップするcheerwaveとしてインタビュー活動も行っている。
地元でもある宮城でもBEST BEING cheerleaderを育てる人財育成の一環としての読書会やイベントなどを企画運営。

Message

人間や人間関係のしくみをシンプルに理解でき実践でる、人間ひとりひとりの最高の尊厳機能を活かし、信頼と安心のなかまである平等な同僚である誰もが友だちとしてさらに協力したり関係性を深めていける、 ただ生きるのではなく歓喜で生きる最高の生き方BEST BEING共同体の祭典でもあるDignity2.0国際カンファレンスを開催できることを大変嬉しく想います。 そして、伊達政宗公の命の元どこよりも早く日本で海外へ出航した実績のある仙台藩にて、これから世界へ発信していく歓喜と感動で地元での開催をお祝いしたいと思います。

Noriko Shiomi
Noriko Shiomi塩見 典子
3年間の美容師経験を経てベンチャー人財育成事業へ転身。2000年より24年間にわたりnTech(認識技術)を研究開発している。現在は組織開発と共に、自ら講師を務め多くの人にAI時代の人間のあり方・組織や社会の方向性を指し示している

Message

1601年初代藩主伊達政宗公は、自然流下を利用して城下町をくまなく流れる四谷用水をつくりました。水路をひいて豊かな仙台藩をつくった政宗公のように、生成AIが急速に進化する昨今、AIには真似できない純度100%の心を活用応用する認識技術によって、人々の心をつなぐ「心路」の建設は仙台のミッションではないでしょうか。AI時代に人間尊厳が溢れるモデル都市仙台誕生の可能性を皆様と存分に共有・共感・共鳴し、世界の人々に希望を与えるカンファレンスになることを願っています。

2024年開催!

2024年度開催地である仙台は、美しい自然と豊かな文化に恵まれた都市です。
カンファレンスを通じて、参加者の皆さんがプログラムを存分に楽しみ、
交流を深めることができるよう、様々なプログラムを計画しております。

共同委員会メンバー紹介
概要ページへ

Related articles