Dignity2.0国際カンファレンス設立趣旨文

人工知能(Artificial Intelligence:AI)は第3世代AIの中心である深層学習(Deep Learning)を超え、第4世代へ向かっています。

この驚異的な進化は多くの利便性をもたらすと同時に、人間の肉体労働や知的労働を代替し始め、近い将来、大半の人間が無用者になると揶揄されるほど危機的な状況に追い込んでいます。
そんな中での新型コロナウィルスの出現は、小さなウイルス1つさえも制圧できないという現代科学の限界を露呈し、世界共通の脅威となりました。健康被害のみならず、経済も瀕死状態に追い込み、心の健康も潰され、鬱や自殺、憤怒による暴力が蔓延するなど歯止めが効かない状態です。
これらの出現が、私たち人類に突き付けている究極の問い、それは『人間の尊厳とはなにか』ではないでしょうか。

2045年には科学技術の終焉を迎えると言われ、これまでの時代が幕を閉じようとする中、本格的に心時代の扉を開けて次なるステージに上がるためには、この問いへの答えは避けて通れません。

これまでの尊厳の概念、Dignity1.0は、「部分的な存在の尊厳」に留まり、その存在間の尊厳関係を追求しました。ですが人類最大の転換期を迎えた今、尊厳の概念も進化すべきだと考えます。
わたしたちが提唱するDignity2.0は、部分的な存在を許さない「1つだけがある世界(Non-duality)」をディファイン(規定)し、「尊厳でないものはひとつもない」ことを共通土台として出発します。
そして、データや情報、知識などすべてが尊厳であり、その尊厳を土台に意味や価値を生み出し、未来を描きます。

このDignity2.0を元にした新教育、国家を超えて共有できる「世界基軸教育」は時代の要請です。
そして、ともに未来社会や人間のこれからの在り方を探求し、本当の心と尊厳を伝える知恵を共有、融合する場を希求しています。
これまでのように国家間やイデオロギーで争うのではなく、ともに新たな未来を創造するためのビジョン同盟を組めるようにすることが真の教育の役割であり、それを担う場が必要なのです。
この教育を全世界に提唱し、普及するムーブメントとして、「Dignity2.0国際カンファレンス」を実施します。これは、時代を牽引するリーダーの受け皿であり、哲学、スピリチュアル、物理学、数学、科学など、すべての学問を融合し、知を大統合する教育、技術を世界に普及するムーブメントであり、今までと次元が異なる新しい知識生産方式を共有するメタプラットフォームです。
この場では、多種多様な最先端分野で活躍する人が一堂に会し、各々の探求を共有し、心時代に必要な教育とは何かを考えます。
また新たな教育を生み出し、心時代の職業、技術、商品、産業を創出します。
さらに、自由民主主義と共産主義のイデオロギー対決を尊厳民主主義で融合し、ポストコロナ時代の世界基軸教育による共同体の共生共栄の道を共有し、拡散することを目的とし、この趣旨の賛同者有志が運営する組織会議としても機能します。

2021年10月、大阪での開催を皮切りに、世界の主要都市に「Dignity2.0国際カンファレンス運営組織」を設置し、世界的な組織として活動の場を広げる予定です。運営は、大陸ごとにカンファレンスの進行グループを設けてシステムで分化し、「Dignity2.0国際カンファレンス」を経営する準備委員会は、時代を代表する組織として創設します。また、各国のニーズに合わせた人・ジャンル・方法を選択して開催する予定です。

人類未経験の危機的な時代に、世界基軸教育で危機を希望に大反転させ、尊厳を土台にした持続的な進化・発展を可能にする世界の実現のために、「Dignity2.0国際カンファレンス」をここに設立します。

Dignity 2.0 International Conference

Conference Vision

Artificial Intelligence has made remarkable progresses toward the fourth-generation AI beyond the deep learning of the third generation. Although this tremendous evolution of AI brings convenience for human society, that also increasingly carries out many physical and intellectual labors of human beings and that will place us in a crisis situation where most of us are becoming a member of the useless class in the near future. In addition, the outbreak of novel Coronavirus has revealed the limits of modern science that cannot bring a tiny virus under control and has posed a common threat throughout the world. That triggers the moribund economy and destroys mental health as well as poses health hazards to humans. Now the depression, suicide and violence with rage have prevailed and the situation is getting worse.

The emergence of those problems poses an ultimate question to human beings. The question is “what is the dignity of human beings?” The rapid progress in science is also expected to lead us towards the technological singularity, which is predicted to occur around 2045. That means today’s human society has come to an end and evolved dramatically to the next stage of a new kokoro (human spirit) era where people can no longer ignore that ultimate question.

Up until now, we humans have defined the concept of dignity as the dignity of “partial” existence and been searching for the dignity-based relationships between these existences. That could be Dignity1.0. However, we think that the concept of dignity should be evolved at this human’s turning point. We propose Dignity2.0 and it defines the world of non-duality, the world in which there is only one motion and any partial existence cannot be allowed. That means we have a start line-a common foundation in which there is nothing but dignity.

A new education based on Dignity2.0 is the needs of the times and it could be the “World Axis Education” shared throughout the world. The times aspires a new platform where people who think about future society and search for what it means to be human to gather, share, and integrate wisdom in order to transmit what the true human dignity is and what the true kokoro is. The true role of education is to make all humans create visionary synergies for a new future and not to cause the conflicts among nations and ideologies like today. We need that new platform for providing this new education.

Dignity 2.0 International Conference serves as a movement to propagate this education throughout the world. The Dignity 2.0 conference will serve as a platform for leaders who are willing to lead a new direction in the coming era. It is a movement to promote education and technology combining many fields, such as philosophy, spirituality, physics, mathematics, and science as well as integrating the whole knowledge. It is also a meta platform that shares a new method of creating new knowledge. The meta platform does this by leveraging a new dimension that complements the universally known dimensions of time and space. At this conference, people who have been active in a variety of leading-edge fields gather and share with one another what they have been searching for. They are also encouraged to formulate a new education that allows development of new occupations, technology, products, and industries appropriate for the kokoro era.

Furthermore, this conference plays a role as an organization with the purpose of  integrating the ideological disputes of liberalism and collectivism into a dignity democracy, and sharing and transmitting the path of co-existence and co-prosperity of communities created through World Axis Education in a Post-Coronavirus era. It is administered by volunteers who agreed with this purpose.

Starting with the Dignity 2.0 International conference in Osaka in October 2021, we will form a Dignity 2.0 International Conference managing organization for each of the major cities in the world so that we can expand our activity base as a world-wide organization. Each conference managing group will be focused on running the Dignity 2.0 International Conference for that country as an organization representing each country. In each country, the managing group will select people, genres, and methods that would match with its needs for a conference.

In this era where people should face the unexperienced crisis, we establish Dignity 2.0 International Conference in order to maintain a world that generates hope and enables continuous evolution and development of all people.

さらにもっと知る

私たちが提唱する「世界基軸教育」の概要をブックレットでご紹介しております。

※2022年の開催報告レポート内に掲載の「世界基軸教育とは」の内容のご案内です。

代表あいさつ

一般財団法人 令和教育財団 理事長 一般社団法人 マインドームコーチ協会 代表理事 n Clinic 院長
– Institute of Japan Mindome Coach Association、Director of n Clinic

岩田 千佳 Chika Iwata

皆さま、この時代をどのような時代とお考えでしょうか。

私は、時代に対する明確な診断と、的確な処方、そして効果的な薬を皆さまとともに共有し、勇気をもって新しい時代づくりに臨んで参りたいと想い、今日に至っています。

科学技術の進化発展により、人類は大きな恩恵を受けた一方で、人間代行者AIを生み出そうとしています。
多くの肉体労働、知的労働の代替として進化発展し続けるAI。人間の仕事がA Iに取って代わられていくことで、私達は人間の存在意義を問われているように感じます。 人間の尊厳とは一体何なのでしょう。そんな問いを突きつけられているAI時代は、「心の時代」の到来であると言わざるを得ません。

私たちは、Dignity2.0国際カンファレンスの構想として、「SNS3.0」と題したAI時代における関係モデル創りを推進していきます。
それは、「“尊厳-Dignity”を生かした関係性」と「”SNS”というネット空間」との新しいつながり方を構築することであり、 このようにして日本発のコミュニティモデル、コミュニティプラットフォームを提案していきたいと思っています。

皆さまからのご意見を頂きながら、共に新しい時代を創っていけますことを祈念しております。

Greetings from the representative of Dignity 2.0 International Conference

Dear all, how would you interpret this era is?

I am determined to create a new era with courage by having the clear diagnosis, accurate prescription to this era, and by sharing it with everyone. While humankind has greatly benefited from the evolution of science and technology, it is trying to create human agent AI.

AI continues to evolve an alternative to many physical and intellectual labor. As human work is replaced by AI, we feel that the significance of human existence is being questioned. What is human dignity?

In the AI ​​era, tackling that question is the start of “the kokoro (human spirit) era.” As the concept of the Dignity 2.0 International Conference, we will promote the creation of a relationship model in the AI ​​era called “SNS3.0.”

It is to build a new connection between “dignity relation” and “SNS”, and in this way we would like to propose a community model and community platform originating in Japan.

We hope that we can create a new era together with your cooperation.

発起人あいさつ

Dignity2.0国際カンファレンス開催に寄せて

この度は、Dignity2.0国際カンファレンスを開催できますことを心から感謝致します。

2019年天が開き、2020年地が開き、そして人が開くこの2021年の節目に、日本から世界へと向けた希望のメッセージ、明確なビジョン、美しい約束が発せられること、心より喜びを感じております。

兼ねてより日本が世界人類に果たす使命、ミッション、役割はとてつもなく大きなものだと感じておりました。世界の中でも異質な文化を持ち、その文化文明の美しさに感銘を受けておりましたが、実際に日本に来て、日本の絶望の涙に触れた時に、激しく慟哭したことを今でも覚えています。大和魂の目覚め、人類の目覚めのために呼吸すると決めたあの頃から今を思うと、とても感慨深いものがあります。

この日本の地で私が出会うことができた宇宙の根源とつながったDignity2.0。それはまさしく、全ての人類が懇切に願った理想であり、全ての人が享受し、全ての人とともに歩む人類の本流となるべき道筋です。

この日本が、絶望の底から立ち上がり、全世界へと恒久的な平和である令和の福音を奏でる2021年10月9日、10日、11日は正しく文明が後天開闢する歴史的現場です。 科学の進化に強く依存した現代の発展で、人間の心が取り残され、尊厳不在の教育、尊厳不在の経済、尊厳不在の政治、尊厳不在の文化芸術に終止符を打つ偉大な瞬間。 脳を土台にした決して辿り着くことのできない高さの成功を追い求めるDignity1.0の文化文明を脱却し、出発もプロセスもゴールも尊厳である深さの成功を得たDignity2.0の文化文明が始まる。これほど嬉しいことはありません。

世界的にも日本が受けた戦争の涙、バブル経済の涙、大地震の涙、そして、世界的混乱の最中のオリンピックと、たくさんの艱難辛苦を超えて、真の女性性・尊厳に目覚めたこの日本から始まる勝負が、世界人類に与える希望のインパクトは計り知れません。

Dignity2.0国際カンファレンスの開催が、歴史的な1ページを飾ることを確信しています。宇宙自然、人類歴史の大いなる応援とともにこの場に希望と歓喜が溢れること、心から感謝申し上げます。

令和哲学者

Dignity2.0国際カンファレンス発起人

Noh Jesu

Visual Identity

物質文明、脳の時代 ( 男性性時代 ) を終わりにさせ、尊厳文明、心の時代 ( 女性性時代 ) をスタートさせる、初めての国際的試
みである、Dignity2.0 国際カンファレンス。この最初の点を打つ「日本」をイメージしたロゴ。
ロゴマークは、日本語で表現した「ディグニティ」の初めの文字である「デ」をデフォルメしたデザイン。パっと見はわから
ないかもしれないが、見方を変えると見えてくる。世界のモノの見方をかえる必要性を表している。

文字の「Dignity」の最初の「点」は赤い点で表現している。これは、初めの点の重要性と、日本の日の丸の赤も彷彿させている。

デザイナー:若林みき

アーカイブ視聴

「Dignity2.0 connections」への加入お申込みで、

前年度開催のカンファレンスのアーカイブ視聴いただけます。

ぜひご参加ください。

開催履歴
お申込み詳細